<極ウマ記者、週末はみんなでジャンプ=5月8日>

中山グランドジャンプが終わり、夏に向かって、障害競走の予想も熱くなっていきます-。予想が絶好調の三嶋まりえ記者、北九州出身の井上力心(よしきよ)記者、海外競馬&ジャンプ大好きの木南友輔記者が障害競走を楽しく、そして、本気で予想します。

まりえ 今日はあらためて新潟の障害コースを考えたいと思います。

力心 いいですね。

木南 今週は土日3鞍とも芝2890メートルだね。

まりえ JRAの競馬番組表に掲載されているコース略図を見てください。これを見ると、このコースの飛越回数はスタート直後の1回、ホームストレートで2、3、4回、1、2コーナーの中間で5回、向正面で6、7、8回、最後の直線の9回・・・、合計9回ですね。

力心 土曜のレースを見ていると、最初のホームストレッチが長くて、ここで力んでしまっている馬は厳しいですね。

木南 土曜1R、中盤で積極的に動いて押し切ったサーブルオールの五十嵐騎手はさすがだった。

まりえ 1Rは障害オープンで終わってみると、馬連万馬券の決着なんですけど、かなり見応えのあるレースでしたし、4Rの未勝利戦より3秒近く速い時計。障害のオープンクラスで勝ち負けするのって大変なんだなあ、と。

木南 未勝利か、オープンか、2つしかクラスがないからね。以前あるジョッキーが言っていたけど、「ただ逃げて未勝利を勝ってしまうと、それで終わってしまうんです」というのは本当、そうだと思う。

力心 日曜は4Rの未勝利戦1鞍です。

まりえ 私は◎エタニティーワルツに期待します。小野寺騎手とともに一戦ごとに競馬内容が良くなっています。前走小倉の2着は1着メイショウウチデがもう障害オープンで勝っていますし、3着ナムラミラクル、4着ライラックカラーは未勝利を勝ち上がっていますから。この馬が勝ち上がる順番です。

木南 今週、小野寺ジョッキーと話していたけど、期待していたよ。「間隔が空いた分がどうかですけど、順番がきていいです」と。俺も勝ち上がり目前の馬、◎シェーンクラートに期待。「勝つ気持ちでいきます」と五十嵐騎手。名手の仕掛けを信頼です。

力心 僕は初障害の◎キングリッドを狙います。走りのバランスがいい馬ですし、厩舎の方も状態面は悪くないと言っていました。この中間の稽古では土曜東京のメトロポリタンSで2着に入ったパルティアーモ相手に追走併入。序盤で大外枠からリズム良く飛越できればいきなり走れると思う。

まりえ 人気を集めそうなのはタイセイソニック。力まずに運べればですね。

木南 クラウンディバイダは今の新潟のようなタフな馬場で差を詰めてくるタイプ。

力心 オウケンブラックも上野騎手とコンビ3戦目。中山の2戦がいい内容だったのでチャンスは十分です。

◆三嶋毬里衣(みしま・まりえ)1994年(平5)12月2日生まれ。最初に見た競走馬はアーモンドアイ。好きな飲み物はクラフトビール。ツイッター「@mishima_marie」でさまざまな競馬情報を発信中。今年は冬コク(1回&2回小倉)の障害競走予想で◎が【9・5・4・6】と抜群の成績を残した。1日付の紙面では高校の後輩である篠原梨菜アナと天皇賞・春の予想バトルを展開。

◆井上力心(いのうえ・よしきよ)1986年(昭61)9月6日、福岡県北九州市生まれ。幼少時に父と小倉競馬場へ行き、競馬の魅力にはまる。ITエンジニア、マーケティングコンサルタント職を経て、日刊スポーツ新聞社の競馬担当へ。紙面ではマーケティング用語を駆使した独自(おそらく世界初)の競馬予想にチャレンジ。今年のG1予想はフェブラリーSで◎エアスピネル(9番人気2着)、桜花賞では◎ファインルージュ(8番人気3着)を推奨。

  1. お得な新入会プラン登場!【極ウマ・プレミアム】秋競馬ホクホク!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】