天皇賞・春を制し、19年菊花賞以来2度目のG1制覇を飾ったワールドプレミア(牡5、友道)は一夜明けた3日、栗東で元気な姿を見せた。

前日は午後6時半ごろに帰厩。大西助手によると「いつもと変わらず元気いっぱいです。カイバも全部食べている」と普段通りだ。レースについては「阪神内回りだから届かないかと思ったけど、直線半ばぐらいでかわすんじゃないかと・・・。ジョッキー(福永騎手)がうまく乗ってくれました。まだ11戦目ですし、まだ良くなりそう。久々に勝ってたいしたものです」と人馬をねぎらっていた。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!