<極ウマ記者、週末はみんなでジャンプ>

春G1シーズンに突入し、予想が絶好調の三嶋まりえ記者、北九州出身の井上力心(よしきよ)記者、海外競馬&ジャンプ大好きの木南友輔記者が障害競走を楽しく、そして、本気で予想します。

 ◇  ◇  ◇

まりえ 泣かないでください。

木南 ・・・。

力心 泣かないでください。

木南 ・・・。

まりえ 中山グランドジャンプはメイショウダッサイが初制覇。秋春のG1連勝となりました。6連覇を狙ったオジュウチョウサンは5着。

力心 出走8頭がすべて完走しました。新王者誕生という素晴らしいレースだったと思います。

木南 そうだね。なんだか、もう胸がいっぱいだ。

力心 ダッサイは強かったです。オジュウを終始マークするような感じ。最後の直線を向くときも前は完全に射程圏に入れていた。

まりえ ケンホファヴァルトが2着。平沢騎手から急な乗り替わりとなったタガノエスプレッソが3着。上位は終わってみれば、昨年の中山大障害のワンツースリーと同じ着順でした。

木南 オジュウはパドックでみんな気付いたと思うけど、前脚にバンテージを巻いて出てきた。昨秋のレースの影響が残っているのか心配したけど、レース前の獣医の検査ではまったく脚もとの問題はなくて、あくまで予防の意味のバンテージだったそう。絶対に馬に無理はさせない陣営だからね。

まりえ 以前から低くて速い飛越でしたが、今回は見ていて、今まで以上にドキドキする飛越でした。

力心 これまでのオジュウならどんな展開でも、どんな馬場でも、どんな相手でもねじ伏せてきたけど・・・。

木南 レースが終わって、パトロールビデオを何度も何度も和田正師と石神騎手、厩舎スタッフが確認していて・・・。石神騎手が調整ルームの方へ帰っていくときにすれ違った他の調教師たちがみんな温かい声をかけてた。「シンイチ、お疲れさま」「シンイチ以外の騎手だったらあの飛越で落ちていたかもしれないよ」って。

まりえ 今後のことはまだわかりませんが、人馬とも無事に走り終えてくれて本当に良かったです。

力心 メイショウダッサイと森一騎手・・・、新王者誕生で中山グランドジャンプが終わり、また次のレースが始まります。日曜は阪神4Rで障害未勝利戦(直線ダート2970メートル)。

まりえ ここは◎ペガーズに期待します。4、5歳馬が中心の顔ぶれで、7歳馬ですが、一戦ごとにレースぶりが安定していくイメージです。

木南 俺は◎ワーウルフに期待です。小野寺騎手はレースでは初コンビだけど、冬コクでこの馬の調教にまたがっている。メキメキと腕を上げているジョッキーだし、ここはメンバー的にもチャンス十分。

力心 僕は◎メイショウヤシャ。土曜の中山で平地、障害で存在感を見せた熊沢騎手。相手関係を見れば、前走(5着)と同じだけ走れれば。

◆三嶋毬里衣(みしま・まりえ)1994年(平6)12月2日生まれ。最初に見た競走馬はアーモンドアイ。好きな飲み物はクラフトビール。ツイッター「@mishima_marie」でさまざまな競馬情報を発信中。今年は冬コク(1回&2回小倉)の障害競走予想で◎が【9・5・4・6】と抜群の成績を残した。

◆井上力心(いのうえ・よしきよ)1986年(昭61)9月6日、福岡県北九州市生まれ。幼少時に父と小倉競馬場へ行き、競馬の魅力にはまる。ITエンジニア、マーケティングコンサルタント職を経て、日刊スポーツ新聞社の競馬担当へ。紙面ではマーケティング用語を駆使した独自(おそらく世界初)の競馬予想にチャレンジ。今年のG1予想はフェブラリーSで◎エアスピネル(9番人気2着)、先週の桜花賞で◎ファインルージュ(8番人気3着)を推奨しており、今もっとも勢いのある予想記者の1人。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!