<桜花賞:追い切り>

前走フェアリーSを制して挑むファインルージュ(牝、木村)は初コンビを組む福永騎手が騎乗し、美浦ウッドコースにて3頭併せで追い切られた。道中はスムーズに折り合い、直線2頭の間に入ると、手応え良く反応し余裕十分に最先着を果たした。

福永騎手は「非常にレベルの高い馬だと思いました。操作性も非常に良かったし、加速するまで鈍いと聞いていたが、今日はそんなことはなかった。追い切った後にスイッチが入る感じもする。いい馬だし、いい調教が施されていますね」とその能力をかなり称賛していた。

また、阪神コースへの対応については、「いかにも長い直線が合いそうな感じで合いそう。多少加速に時間がかかってもちょうどいいと思う」と話し、舞台適性についてもいいイメージを持っていた。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!