03年皐月賞とダービーの2冠馬ネオユニヴァース(牡21)が8日、けい養先のレックススタッド(北海道新ひだか町)で死んだことが分かった。今年初の種付け終了後に牝馬が暴れたためにバランスを崩して転倒し、肩を亀裂骨折。安楽死の処置が取られたという。21歳だった。

サンデーサイレンス9年目の産駒として02年11月に瀬戸口厩舎からデビュー。03年春のきさらぎ賞からスプリングS、皐月賞、ダービーと重賞を4連勝した。同年クラシック優勝馬として初めて宝塚記念にも出走(4着)して話題も集めた。

3冠を目指した菊花賞は3着。04年初戦の大阪杯(当時G2)で重賞5勝目を挙げたが、続く天皇賞・春は10着に敗れた後に故障が判明し引退が決まった。

種牡馬としても活躍。初年度産駒のアンライバルドが09年皐月賞を、ロジユニヴァースが同年ダービーを制覇。翌10年にはヴィクトワールピサが皐月賞と有馬記念に勝ち、11年ドバイワールドCも日本調教馬として初めて制した。

◆ネオユニヴァース▽父 サンデーサイレンス▽母 ポインテッドバス(クリス)▽馬主 (有)社台レースホース▽調教師 瀬戸口勉(栗東)▽生産者 社台ファーム(北海道千歳市)▽通算13戦7勝▽主な勝ち鞍 03年きさらぎ賞(G3)スプリングS(G2)皐月賞(G1)ダービー(G1)04年大阪杯(G2)▽総収得賞金 6億1337万6000円

  1. お得な新入会プラン登場!【極ウマ・プレミアム】秋競馬ホクホク!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】