今週末の6、7日にJRAで東西8人の新人騎手がデビューする。

“親子鷹”の角田大和騎手(19=角田)は父超えを目標に挙げた。父の角田晃一師は騎手デビューの89年に43勝で新人賞を獲得。

周囲に歩き方や後ろ姿が「似てる」と指摘されるという。「お父さんに負けないように技術を磨いてきたつもり。『もっと努力せなあかん』と言われています。欲を言えばお父さんの記録を抜きたいです」と意気込んだ。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!