<チューリップ賞:追い切り>

桜花賞トライアル、チューリップ賞(G2、芝1600メートル、6日=阪神、3着までに優先出走権)の最終追い切りが3日、東西トレセンで行われた。

シャーレイポピーは藤井騎手(レースは福永騎手)を背に芝コースで5ハロン65秒6-11秒7。サンライズカラマ(古馬オープン)に首差遅れたが、動きは十分。石坂師は「理想通りの追い切り。折り合いとバランスを確認した。力は十分に出せます」と納得の表情。前走は出遅れが響き6着も、中間はゲート練習も取り入れた。阪神マイルは2走前に快勝した舞台だ。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!