<金鯱賞:1週前追い切り>

昨年無敗で牝馬3冠を達成したデアリングタクト(牝4、杉山晴)が始動戦の金鯱賞(G2、芝2000メートル、14日=中京)へ向けて1週前追い切りを行った。

Cウッド6ハロン82秒6-12秒2をマーク。古馬3勝クラスのベレヌスを5馬身追走して併入した。手綱を取った松山騎手は「先週よりも少し落ち着きがあるような気がします」。杉山晴師も「1週前なのでしっかり負荷をかけました。先週より動きは良化したと思う。長めから行ってしまいも伸びた。かなりいい調教になった」と上昇気配を感じていた。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!