21世紀最初のダービー馬ジャングルポケットが2日、繋養(けいよう)先のブリーダーズスタリオンステーション(BSS=北海道日高町)で死んだ。23歳だった。

渡辺栄厩舎所属で00年9月デビュー。新馬戦、札幌3歳S(当時)を連勝し、翌01年の皐月賞は3着と敗れたが、ダービーは重馬場で鋭い末脚を発揮して1番人気に応えた。同年秋、菊花賞4着後のジャパンCで2歳上で1番人気のテイエムオペラオーを撃破。ダービーとジャパンCの同一年制覇は現在でもジャングルポケットだけの偉業だ。

通算13戦5勝、重賞4勝、G1・2勝。付加賞を含む総収得賞金は7億425万8000円。03年の引退後は種牡馬となり08年菊花賞馬オウケンブルースリ、同年オークスなどG1・2勝のトールポピー、11年天皇賞・秋を制したトーセンジョーダンなど輩出。昨年秋から体調を崩し、同年末に種牡馬を引退していた。

BSSを管理運営するサラブレッドブリーダーズクラブ事務局の遠藤幹氏は「残念ながら力尽き、今朝死亡しました。もう少し長生きしてほしかったというのが正直な気持ちです。現役時代の活躍も、種牡馬として数多くの名馬を輩出した実績も、本当に素晴らしいものでした。安らかに眠ってほしいと思います」とコメントした。

ダービーの手綱を取った角田晃一師 ダービーを1番人気で乗ることがなかなかないことだし、しかも勝たせてくれてすごく思い出深いですね。師匠の渡辺(栄)先生とダービーを取れたのが何よりでした。安らかに眠ってほしいですね。私自身はまた、ジャングルポケットのような馬を育てられるように頑張ります。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!