人も馬も育てた松田国英調教師(70)は最終日も阪神7Rのサイモンルモンドで勝利を挙げた。

引退レースの阪神10Rモンテディオは3着。キングカメハメハやクロフネといった名馬を手がけたほか、門下から角居師や友道師らが巣立った。「50年間、馬の仕事をして、馬が好きな人がうらやむぐらいの軌跡を描けたと自分では思う。すばらしい人たちに恵まれた。今のスタッフとは永遠に仕事をしたいと思うぐらい。残された時間を大切に生きたい」とターフを去った。JRA通算成績は5308戦638勝、重賞59勝(うちG1・14勝)。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!