2月20日にサウジアラビアで行われるサウジカップ(ダート1800メートル)などサウジカップデー諸競走(リヤド、キングアブドゥルアジーズ競馬場)の登録馬が主催者から発表になった。

メインのサウジカップには、昨年のチャンピオンズC覇者で最優秀ダートホースに輝いたチュウワウィザード(牡6、大久保)、東京大賞典3連覇のオメガパフューム(牡6、安田翔)、昨年のジャパンダートダービー覇者ダノンファラオ(牡4、矢作)、昨年のサウジダービー覇者フルフラット(牡4、森)、マスターフェンサー(牡5、角田)、マテラスカイ(牡7、森)など日本馬6頭が登録。

ダートの本場アメリカからは昨年牡馬相手にプリークネスSを制したスイススカイダイバー(牝4、K・マクピーク、父デアデヴィル)、バファート厩舎の大物シャーラタン(牡4、B・バファート、父スパイツタウン)、BCダートマイル覇者のニックスゴー(牡5、B・コックス、父ペインター)が登録を行っている。

サウジカップはフルゲート14頭。総賞金は2000万ドルとなっている。

  1. 藤田菜七子騎手まとめページはこちら!
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!