<日経新春杯:追い切り>

牝馬のミスマンマミーアは距離を求めて牡馬相手の挑戦を選んだ。

Cウッドで末脚を伸ばして6ハロン85秒8-12秒5。寺島師は「ここを目標に仕上げて、休ませた分、リフレッシュしている。(愛知杯も登録したが)2000メートルより2200メートル。距離があった方が競馬がしやすい」と説明した。

  1. 藤田菜七子騎手まとめページはこちら!
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!