地方競馬全国協会(NAR)は13日、「NARグランプリ2020」の表彰馬、表彰者を発表した。

北海道関係ではホッカイドウ競馬のソロユニット(牝3、角川)が、「2歳最優秀牝馬」に選ばれた。同馬はデビュー2戦目から5連勝で交流重賞エーデルワイス賞(統一G3)を制した。また昨季67勝を挙げ、リーディング7位の活躍を見せた小野楓馬騎手(20)が「優秀新人騎手賞」を受賞。ばんえい競馬では、昨季2年ぶり3度目のばんえい記念制覇を果たしたオレノココロ(牡11、槻舘)が「ばんえい最優秀馬」を受賞した。

  1. 藤田菜七子騎手まとめページはこちら!
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!