有馬記念を心房細動のため最後の直線で競走を中止したブラストワンピース(牡、大竹、明け6歳)は、その後に異常は認められず、年明けに福島県のノーザンファーム天栄へ放牧に出ることになった。29日、大竹師が明らかにした。

レース翌日の28日に獣医師の診断を受け、異常はなかった。師は「大事には至らなくてよかった」と話した。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!