サートゥルナーリア(牡4、角居)がジャパンCに続き有馬記念(G1、芝2500メートル、27日=中山)も回避することが分かった。2日、所有するキャロットファームがHPで発表した。

同馬はジャパンCでの復帰を目指していたが、1週前追い切りの後に左後肢の飛節に腫れが確認されたために回避。ノーザンファームしがらきに放牧に出て、昨年2着の有馬記念に向けて立て直しを図っていた。腫れは引いてきたものの、レースまでの調整期間などを考えると出走は厳しいと判断された。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!