3冠馬3頭が激突する空前の頂上決戦ジャパンC(G1、芝2400メートル、29日=東京)。21日、無敗3冠牝馬デアリングタクト(牝3、杉山晴)は角馬場で体をほぐした後、坂路4ハロン67秒9-16秒7と軽めの調整。

池水助手は「変わらず順調。坂路で最後に多少、力みを感じたけど、全然許容範囲です。体も柔らかくていい感じ」と話した。前日も同じメニューをこなしており、極めて順調な様子。今日22日に坂路で時計を出し、25日に最終追い切りを行う予定。

  1. コンピ予想バトル開催中!
  2. ニッカンAI予想アプリ