<神戸新聞杯:追い切り>

無敗でダービーを制したコントレイル(牡3、矢作)が、秋初戦の神戸新聞杯(G2、芝2200メートル、27日=中京)へ向けて、栗東坂路で最終追い切りを行った。

テンからスピードに乗って、最後はややうながされながら4ハロン51秒6-12秒5をマーク。矢作師は「速いなと思いました。追い切りとしては、何も言うことはないです」と納得の表情。今回は、3冠が懸かる菊花賞へ向けて大事な前哨戦となる。「しっかりと仕上げたつもり。結果を残して次につなげていきたいと思ってます」と力強く話した。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!