<追い斬り激論:セントライト記念>

菊花賞トライアルのセントライト記念(G2、芝2200メートル、21日=中山、3着までに優先出走権)の追い切りが17日、東西両トレセンで行われた。「追い斬り激論」では、三上広隆記者がG1馬フィエールマンと併せたココロノトウダイ(牡、手塚)に注目。強い馬に稽古をつけられて上昇するとみた。松田直樹記者はダービーこそ11着と大敗したが、実力馬サトノフラッグ(牡、国枝)の巻き返しを確信していた。

   ◇   ◇   ◇  

松田 横綱不在だと勝つのが何かを予想するのは難しいですね。

三上 相撲の秋場所の話? いやこういうときこそ、新しいスター力士が出るんだよ。元相撲担当が言うのだから、間違いない。

松田 30年も前の話じゃないですか。今週のセントライト記念のことですよ。圧倒的本命は不在です。

三上 横綱がいる部屋は強いんだよ。

松田 だから競馬の話をしてくださいよ。今は競馬担当なんですから。

三上 いやいや、ちゃんとした競馬の話。ココロノトウダイのことだよ。手塚厩舎にはG1・3勝のフィエールマンという横綱がいるよな? その横綱と、ここ2週併せ馬で鍛えられているんだ。17日のウッドはライル(古馬1勝クラス )を入れた3頭併せでライルに3馬身差で先着。そしてフィエールマンには食らいついて併入に持ち込んだ。

松田 時計は5ハロン67秒7-11秒8と上々ですけど、フィエールマンと比べると見劣りした感じはありましたよ。

三上 それは仕方ない。相手は横綱。しかもオールカマー1週前追いで絶好調に近いんだから。相撲でも横綱がいる部屋は全体的に強くなる。1人強い存在がいると、その人に鍛えられて、みんな強くなる傾向があるんだ。手塚師にフィエールマンと併せた理由を聞くと、「そりゃ、強くなってほしいからだよ」と言い切っていた。相撲と同じだね。

松田 確かに手塚師は「動きは良かった。あの馬なりにしっかりと動いている。今回はメンバー的にも楽しみ」と言ってましたね。

三上 だろ? ココロノトウダイの鍛えられ方を見たら、心が動かされるよ。

松田 でも僕は横綱に一番近い存在に心引かれます。サトノフラッグです。

三上 弥生賞を勝った時は横綱へ一直線という感じだったけど皐月賞5着、ダービー11着はちょっと負けすぎだろ。

松田 国枝師はダービーについて「(皐月賞で)何が悪かったのか、もやもやした中で調整してそれが競馬に出たのでは」と言ってました。今回は「勝った弥生賞のイメージで」調整されています。今日のウッドの3頭併せはウエスタンエポナ(2歳未勝利)、ブルメンダール(2歳新馬)を先行させ、それぞれに5馬身半先着と併入。余力十分に5ハロン65秒6-12秒0の好時計でした。

三上 騎乗した戸崎騎手も「乗りやすいし従順。新馬のときとは全然違う」と好感触だったな。

松田 先週の競馬を見ると、秋も春の実績馬が強い競馬をしているケースが目立ちます。勢力図は春と変わっていないとみてます。

三上 横綱に鍛えられている馬か、横綱の資質がある馬か。確かに悩ましいレースではあるね。

◆ダービー出走馬のセントライト記念成績 過去10年で36頭が出走し【7 5 4 20】。15年キタサンブラック(ダービー14着)など、勝ち馬7頭のうちダービー2桁着順からの巻き返し組は4頭いる。大舞台に駒を進めた素質は侮れない。

  1. コンピ予想バトル開催中!
  2. ニッカンAI予想アプリ