<フローラルC>◇17日=門別◇H3◇ダート1600メートル◇2歳牝馬◇出走10頭◇JBC協会協賛タリスマニック賞

出走全馬が初体験となる内回りマイルの2歳牝馬重賞は、6番人気の伏兵ブルーカルセドニー(川島洋)が大混戦から抜け出し、重賞初制覇を果たした。

序盤から、出入りの激しい先行争いを繰り広げる前を見ながら中団に待機。3コーナー付近から徐々にポジションを上げ、直線で豪快に差し切った。五十嵐騎手は「ぽつんと空いたスペースでうまく息を入れられた。しまいを生かす競馬をしようと思っていたが、反応も良く、最後までしのでくれた。根性の据わった馬です」と愛馬をたたえていた。

  1. コンピ予想バトル開催中!
  2. ニッカンAI予想アプリ