藤沢和雄師(68)が米国遠征プランを温めていることを16日、あらためて明かした。

8月2日札幌の新馬戦(芝2000メートル)を7馬身差圧勝したバニシングポイント(牡2)を来春のケンタッキーダービーへ送り込む計画だ。同馬は昨年米国のセプテンバーイヤリングセールで150万ドルで落札されたタピット産駒。母アンライヴァルドベル、全姉ユニークベラは米G1馬で、順調に実績を重ねれば海を渡ることになる。藤沢和師は「次は芝(アイビーS)だけど、そのあとのレースはわからない。行きたいね」と話した。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!