97年の菊花賞馬マチカネフクキタルが31日、けい養先の山梨県北杜市の小須田牧場で死んだ。26歳だった。引退競走馬の助成事業などを行うジャパン・スタッドブック・インターナショナル(JAIRS)が発表した。

96年11月の新馬戦3着後、デビュー3戦目の97年3月に初勝利を挙げ、ダービー(7着)にも挑戦した。夏にさくらんぼSを勝ち、秋は神戸新聞杯、京都新聞杯と重賞連勝の勢いで、菊花賞も勝ち4連勝でG1を制覇。00年6月の宝塚記念(8着)を最後に現役を退き、JRA通算22戦6勝(重賞3勝)で種牡馬入りした。ただ特に目立った成績を残した産駒は残せず、リワードプレザンの07年中山GJ2着が最高成績。種牡馬引退後は、小須田牧場で余生を過ごしていた。

JAIRSのHPに、小須田牧場は「『馬名のフクキタルから福をもらいに』と、常に多くのファンのみなさまに囲まれている馬でした。最後は放牧場の草地で眠るように亡くなりました。ご冥福をお祈り致します」とコメントした。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ