<ラジオNIKKEI賞:追い切り>

アルサトワ(牡3、斉藤崇)が高評価の動きを見せた。Cウッド6ハロン85秒4-11秒7で3頭併せの最先着。

斉藤崇師は「1回使って反応が良くなっている。体を持て余すところがあったけど体を使えるようになってきている。切れるタイプではないので自分の形が一番」と、今回も積極策を思い描く。宝塚記念をクロノジェネシスで制した厩舎の勢いも見逃せない。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ