宝塚記念を圧勝したクロノジェネシス(牝4、斉藤崇)は一夜明けた29日、栗東の馬房で元気な姿をみせた。

前日午後7時過ぎに帰厩。和田助手は「食欲もあるしけろっとしている。普段のレース後と変わらないです」と話した。レースはバスの中で観戦した和田助手は「4角の手応えが違った。もしかしたら勝つかなと思ったら・・・(6馬身差に)びっくりしました。今後が楽しみですね」と愛馬をねぎらった。近日中に放牧に出される見通し。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ