日本のみなさん、お元気ですか。今年は初めて日本の競馬に参加して、すごくいい経験をさせてもらいました。無観客競馬で1度もファンのみなさんとお会いする機会がなかったのは残念ですが、充実した2カ月でした。今は母国、南アフリカに戻り、6月2日再開予定の競馬に向けて調教やトレーニングの毎日です。

もうすぐ日本ダービーですね。3歳重賞は何戦か乗せていただきましたが、印象が強いのはやはり皐月賞。1着コントレイル、2着サリオスのレベルはかなり高いと思います。特に勝ち馬はそれまでのレースと違い、後ろから外を回って差し切りました。あの競馬ができるのだから東京2400メートルもいい方に出るのではないでしょうか。

ただ、もし僕がダービーに乗れていたら、と考えると、自分がコンビを組んでいたガロアクリークに魅力を感じます。距離が延びていいかは正直、微妙かもしれません。でもスプリングS、皐月賞と続けて乗せてもらってとても大きな成長を感じた馬。ダービーまでにさらに伸びしろがある馬だと思います。

それとサトノフラッグ。皐月賞前には自分が追い切りに騎乗しました。仲のいいマーフィー騎手からダービー向きと聞いていましたが、実際にスタミナが豊富で長くいい脚を使えるタイプです。潜在能力は皐月賞1、2着馬にも引けを取らないと思いましたし、広い東京でさらに良さが出そう。皐月賞の5着で評価を下げてはいけない馬ですね。

来日初年度の今年は短期免許は最長で2カ月までしか取れません。できれば、もう1カ月滞在してガロアと一緒にダービーに挑戦したかったですが、これは仕方がありません。来年も春頃に来日したいと考えています。来年こそは日本ダービーに参加したいですね。

◆ライル・ヒューイットソン 1997年10月30日、南アフリカ生まれ。22歳。16年に騎手免許を取得し、17~18年に184勝、18~19年シーズンに219勝を挙げ、2シーズン連続でリーディングジョッキーに輝く。今年3月7日から5月4日まで自身初となるJRAの短期免許を取得し、通算150戦19勝。3月22日中山のスプリングSをガロアクリークで制し、日本の重賞初制覇。5月2日東京の青葉賞をオーソリティで制し、重賞2勝目を挙げた。身長166センチ、体重53キロ。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ