<ダービー:追い切り>

皐月賞3着馬ガロアクリーク(牡、上原)は美浦ウッドチップコースの最終追い切りで破格の瞬発力を披露した。野中騎手(レースは川田)を背に道中はしっかり折り合って先行馬を追走。直線はカタナ(古馬オープン)の内から仕掛けると、一瞬で抜き去り、2馬身先着した。馬体の張り、動きから状態は絶好調といっていい。

「皐月賞の後は2週間ほど短期放牧で心身をリフレッシュさせ、今週に向け、予定通り。追い切りは川田騎手が来ることができないので、新馬戦のときから乗っている野中騎手にお願いしました。日曜に向けてスケジュールどおり、いい感じできています。大一番ですが、中間も見ていて、何の不安もないです。(皐月賞は)血統的な背景は別にして、距離は十分もつと思っていました。強い馬はいるけど、頑張ってくれるだろう、と。ヒューイットソン騎手が非常にいい印象を持っていて、この馬なりに頑張ってくれたと思います。(ダービーの2400メートルについては)新馬戦から2000メートルを使っているので、全然不安はありません。キンシャサノキセキ産駒ですが、お母さんの方の素晴らしい血統が出ている。折り合いがつきますし、強い馬はたくさんいるけど、状態の良さと枠順、展開がかみ合えば逆転も夢ではないと思っています。(川田騎手との初コンビは)テン乗りになりますが、レースの読み、流れ、勝ち方を知っている騎手ですし、返し馬で感触をつかんでもらえれば。(意気込みは)渋い血統ですが、素晴らしい馬体を持っていますし、いい結果を出せれば。あとは無事にゲートインできればと思います」(上原師)。

  1. 藤田菜七子騎手まとめページはこちら!
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!