<東京5R>◇23日◇3歳未勝利◇芝1600メートル◇出走18頭

落馬負傷で戦列を離れていた戸崎圭太騎手(39=田島)が、約6カ月半ぶりに実戦復帰した。3番人気ボンバーミューラー(牡、小桧山)の手綱を取り4着に入った。中団の後ろで脚をため、直線では外に進路を取ってグイグイと伸びた。

「とても緊張しました。初戦からチャンスのある馬に乗せてもらい、もう少ししっかり乗れたら。久しぶりだったので流れを忘れていたところもある。馬にまたがった時は、うれしく感じました」と、反省をまじえながら実感を込めた。同じレースに騎乗したルメール騎手からは「しっかり手綱を持って乗るように」と冗談まじりで言われ「新人なんで」と答えたという。

戸崎騎手は昨年11月4日、浦和でのJBCレディスクラシックでスタート後に落馬して右肘開放骨折の重傷を負った。2度の手術を受け、今月1日から調教騎乗を再開していた。JRAでは昨年11月3日、東京12Rケイアイビリジアン(3着)以来のレースだった。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. 極ウマくんの星占い