<阪神牝馬S:追い切り>

土曜メインの阪神牝馬S(G2、芝1600メートル、11日、1着馬にヴィクトリアM優先出走権)で重賞4勝馬のダノンファンタジー(牝4、中内田)が今年初戦を迎える。

最終追いは川田騎手を背にCウッド5ハロン63秒0-12秒1。片山助手は「追い切りは予定通りです。ここを目標に調整してきた。体は大きくなっているけど、成長分。能力のある馬なので、休み明けでどういう競馬をするか楽しみ。もう1度自分の距離からやってみます」と話した。

前走の秋華賞こそ8着だったが、阪神芝1600メートルは18年阪神JFなど3勝をマークしている。久々の実戦だが、得意舞台でいきなり能力を発揮しそうだ。【網孝広】

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. 極ウマくんの星占い