<桜花賞:追い切り>

JRAは8日、今週以降も無観客で中央競馬開催を続行すると発表した。緊急事態宣言の発出を受けながらも牝馬クラシック第1弾、桜花賞(G1、芝1600メートル、12日=阪神)を含む今週末の開催決行。桜花賞で昨年の2歳女王レシステンシア(牝3、松下)とコンビを組む武豊騎手(51)はこの日、最終追い切りに騎乗した。歴代最多の桜花賞5勝を挙げる第一人者として、競馬界を代表するように、開催続行への決意もにじませた。

【武豊騎手と一問一答】

-新馬戦以来の騎乗

武豊騎手 先週は(久々に乗って)軽い追い切りだったけど、力強くて状態の良さが伝わってきた。デビューの時と比べて成長を感じた。2歳牝馬チャンピオンという先入観があるのかもしれないけど、ずいぶん良くなったと思った。

-桜花賞は過去5勝

武豊騎手 まだ3歳春でキャリアが浅い馬たちの戦いで、牝馬でもあるし、まだまだ不確定要素が多い。馬もまだ手探り。乗りがいがあるし難しいレース。

-勝てばクラシック最年長記録がかかる

武豊騎手 それも名誉なこと。チャンスをもらったので、それに応えたい。

-今週からインタビュアーとカメラクルー以外は会見場に入れなくなった

武豊騎手 (雰囲気が違って)しゃべりにくかったね。動物園のパンダの気分(笑い)。そういうのも早く普通に戻ってほしいね。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. 極ウマくんの星占い