今週は今年の牝馬クラシック第1弾・桜花賞(G1、芝1600メートル、12日=阪神)が行われる。

手塚厩舎の2頭はともにトライアルを快勝した。マルターズディオサはチューリップ賞で重賞初制覇。昨年の阪神JFで5馬身差をつけられたレシステンシアに雪辱した。その後は栗東に滞在して調整。中條厩務員は「阪神JFと比べてメンタルが成長して、扱いやすくなった。センスのいい馬で、どんな競馬でもできる」と話す。

一方のインターミッションはアネモネSを差し切りV。こちらも前走後は栗東に滞在しており、田中助手は「内で我慢して最後に切れた。桜花賞もためてビュッと切れれば」と期待していた。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. 極ウマくんの星占い