<クイーンC>◇15日=東京◇G3◇芝1600メートル◇3歳牝◇出走14頭

単勝1番人気のルナシオン(藤沢和)はスタートで出遅れ、道中も力んだ走り。直線で伸びを欠き、10着に大敗した。

ルメール騎手は「ゲートの中でちゃかちゃかしていて、スタートで遅れてしまった。3角までかかっていて最後は脚を使えず。久々のレースで馬がエキサイトしていた」と振り返った。キャリア1戦で経験のなさが響いた形だ。

  1. 「2020種牡馬博覧会」写真つきで紹介
  2. 回収率100%超!ニッカンAI予想