<あすなろ賞>◇15日=小倉◇1勝クラス◇芝2000メートル◇3歳◇出走12頭

2番人気ファルコニア(牡、角居)がゴール前の接戦を制し、2勝目を挙げた。やや立ち上がり気味にスタートを出て、道中後方。4角手前から徐々に進出すると、直線では上がり最速36秒3の末脚で差し切った。

藤岡佑騎手は「前に人気馬を見ながらリズム重視で運びました。外めからよく上がってこれましたし、かわしてからも抜かれませんでした。体、気性の成長があれば楽しみ」と期待した。その後に行われた京都10Rでは弟藤岡康騎手が騎乗した全兄トーセンカンビーナ(牡4、角居)が勝利し、人馬そろっての兄弟制覇となった。

  1. 「2020種牡馬博覧会」写真つきで紹介
  2. 回収率100%超!ニッカンAI予想