15日東京メインのクイーンC(G3、芝1600メートル)はマジックキャッスル(牝3、国枝)が成長した姿を見せる。

430キロ程度の小型馬だが、デビュー3戦全てが違う競馬場で連対を果たしたど根性娘だ。阪神JF優勝馬レシステンシアに食らいついたファンタジーS2着以来の競馬に向けて、12日の最終追い切りでも楽な手応えで追走して先着。きっちり仕上げてきた。椎本助手は「馬体も10キロくらい増えて、背が小さいけどムチムチしてきました。これは楽しみ」と話していた。

  1. 「2020種牡馬博覧会」写真つきで紹介
  2. 回収率100%超!ニッカンAI予想