<新馬戦情報>

25日(土)中山芝2000メートルでタレントで映画監督のビートたけしが命名したキタノブルー(牡、国枝、父ディープインパクト)が初陣を迎える。

全姉は14年阪神JFを制したショウナンアデラ。たけしが18年4月、同馬が所属する「DMMバヌーシー」の記者発表で名前を自ら発表した良血馬だ。放牧を挟み、じっくり乗り込まれてきた。国枝師は「まあまあかな。まだ緩いところがある」と慎重だが、芝の実戦で良さが出るのか注目される。横山典騎手が騎乗する予定。

  1. 「2020種牡馬博覧会」写真つきで紹介
  2. 回収率100%超!ニッカンAI予想