アフリカンゴールド(せん5、西園)はCウッドを流して、素軽い動きを見せた。

外枠(13番)になったが、山本助手は「前につけられるし、枠はどこでも良かった」と心配なさそう。

「去勢してからだいぶ落ち着いてきた。重い馬場も大丈夫だと思う」と重賞初制覇を期待した。

  1. 「2020種牡馬博覧会」写真つきで紹介
  2. 回収率100%超!ニッカンAI予想