藤田菜七子騎手(22=根本)がサウジアラビア、スペイン遠征することが17日、分かった。今年から新設される1着賞金1000万ドル(約11億円)、サウジC(G1、ダート1800メートル、2月29日=キングアブドゥラジズ)の前日2月28日に行われる騎手招待レースに挑む。

その後は3月8日にスペインのサルスエラ競馬場で行われる国際騎手招待レースにも出場予定。同競走には南関東で短期免許を取得して今月27日の川崎競馬から騎乗予定の「美しすぎる騎手」ミカエル・ミシェル騎手(24=フランス)も参加予定。師匠の根本師は「呼ばれなきゃ行けないからね。大したもの」と笑顔を見せた。

  1. 「2020種牡馬博覧会」写真つきで紹介
  2. 回収率100%超!ニッカンAI予想