土曜京都の紅梅S(リステッド、芝1400メートル、18日)は勝てば事実上、桜花賞出走が決まるレース。

前走つわぶき賞8着のピュアカラー(牝3、橋口)は橋口師が「前が詰まってまったく追えなかった。度外視できる」と敗因ははっきりしている。この中間の動きが良く状態は良好。「半兄カレンラストショーは2000メートルで活躍。この馬ももっと長い距離でもやれそう。期待している」と“桜切符”を狙う。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ