中山では明け3歳馬による重賞、京成杯(G3、芝2000メートル、14日)が行われる。

ヒュッゲ(牡、友道)は全休日も馬場入りしCウッドを1周した後、坂路をキャンターで駆け上がった。

「ちょっと腹回りが大きく体形が幼かったのが、競走馬らしくなってきた」と大江助手。幼さを残しながら2連勝したあたり、素質は高い。「一瞬のキレ味よりそこそこいい脚を長く使う。中山2000メートルは合うと思う」と賞金加算を狙う。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ