<東京3R>◇15日=東京◇2歳未勝利◇芝1800メートル◇出走9頭

競馬でもジャイアントキリングが起きた。9頭立て4番人気ラグビーボーイ(牡、勢司)が上位人気馬を蹴散らして初勝利を挙げた。

レース前にはラグビーW杯日本代表のユニホームを模したメンコを着用してパドックを闊歩(かっぽ)。前回の15年ラグビーW杯に心打たれた斎藤秀昭オーナーが名付け親となり、特注で用意したものだった。“素顔”で臨んだレースでは本家顔負けの激走で接戦を制し、表彰式では再びメンコをかぶって再登場。北村宏騎手は「ラグビーパワーだね。道中もリズム良く運べて最後まで脚を使ってくれた」とニヤリ。斎藤オーナー「今回の日本代表の活躍にパワーをいただきましたね。いいレースをしてくれました」と、自身のJRA初勝利を喜んだ。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!