12日オーストラリアのコーフィールドS(G1、芝2000メートル)の枠番が9日、決定し、スズカデヴィアス(牡8、橋田)は11頭立ての3番ゲートに入った。

この日はウェリビー競馬場の芝コースで、レースでもコンビを組むマイケル・ディー騎手が騎乗して5ハロンから併せ馬を消化。橋田師は「思った通りの調教が出来ました。仕上がり状態は良いと思います。枠順は3番になりましたが、もともと後ろから行く馬なので、気にしていませんでした」と話した。日本での馬券発売はない。

  1. 「2020種牡馬博覧会」写真つきで紹介
  2. 回収率100%超!ニッカンAI予想