<東京ハイジャンプ:追い切り>

東京ハイジャンプ(J・G2、芝3110メートル、12日=東京)で、シングンマイケル(せん5、高市)が、重賞連勝を狙う。

9日はウッドコースで5ハロン68秒2-52秒6-38秒6-12秒6(馬なり)の好時計をマークした。追えばはじけそうな手応えで、3カ月半ぶりを感じさせない仕上がりだ。ずっと調教をつけている金子騎手も「すごくいいですね。とにかく飛越はうまいし、どこへいっても前向き。センスがあります。道悪も上手なので、台風で中止になるのだけが心配です。暮れの中山大障害につなげたい」と力が入っていた。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ