<秋華賞:追い切り>

クロノジェネシス(斉藤崇)は北村友騎手を背に最終リハを終えた。

Cウッドで6ハロン83秒1-11秒9を計測。併せたアメリカンウェイク(3歳1勝クラス)にすぐに並びかけたが追い越せず、首遅れだった。北村友騎手は「夏を越して体は大きくなった。桜花賞、オークスに比べると、追い切りのときにがむしゃらに走るところがなくなり、調教は乗りやすくなった。かーっとなるところがあったが、自在に操れるようになった。器用にレースをする馬。小回りでも大丈夫。上手に競馬をしてくれると思う」と期待を込めた。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ