桜花賞馬グランアレグリア(牝3、藤沢和)が、9月29日中山のスプリンターズS(G1、芝1200メートル)から11月17日京都のマイルCS(G1、芝1600メートル)へのローテーションを組んだことが14日、分かった。同馬を所有するサンデーサラブレッドクラブがこの日、HPで発表した。

一時は10月13日京都の秋華賞(G1、芝2000メートル)とマイルCSの両にらみだった陣営は、藤沢和師と協議。スピードを存分に生かせると考え、マイルCSのステップレースとしてスプリンターズSを選択する秋のローテを決めた。師によると、スプリンターズSはルメール騎手が引き続き手綱を取る。

グランアレグリアは5月のNHKマイルC5着後、福島県のノーザンファーム天栄に放牧に出され、現在は美浦帰厩に備えて乗り込まれている。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ