<追い斬り激論:中京記念>

サマーマイルシリーズ第1戦、中京記念(G3、芝1600メートル、21日)の追い切りが17日、東西トレセンで行われた。「追い斬り激論」に23歳ルーキー記者・藤本真育(マイク)が初参戦し、朝日杯FS2着の実績を持つ3歳馬クリノガウディー(牡、藤沢則)を猛プッシュ。一方、46歳の網孝広記者はヴィクトリアM2着の古馬プリモシーン(牝4、木村)を推奨した。

  ◇   ◇   ◇  

網 マイク、激論初登場やないか!

マイク そうなんですよ! 5月デビューから3カ月、ようやく激論できます。23歳の若さ全開で的中を目指します!

網 23歳って。僕が入社した年やないか。若いってうらやましいな。

マイク 馬なら当歳馬みたいなもの。これから勉強して成長できたらと思っています。さっそく網先輩の注目馬を教えてください。

網 プリモシーンやろ。Cウッドで6ハロン78秒4-12秒1を馬なりでマーク。騎乗した福永騎手も「うなるような感じ。一走ごとに良くなっている」と言っていたからね。

マイク 僕も見ていてすごい動きだなと思いました。ですけど、先週までの中京芝はかなり前が残っていた感じでしたよね?

網 確かに。僕も競馬場にいたけど前残りの印象。

マイク プリモシーンは脚質的に差し届かずがあるのでは?

網 それでも差し切ると思うけどな。前走ヴィクトリアMはレコード決着で首差の2着。福永騎手も「G1でもあと1歩のところまで来ているから」と言っていた。美浦ウッドの閉鎖と環境の変化に対応するために、6月30日から栗東に滞在。楠助手は「だいぶ慣れてカイバも食べている」と言っている。死角なしちゃうかな。

マイク 福永騎手のお墨付きに加え、状態面も問題なしですか。実績的に馬場も関係なく勝ちきるかもしれませんね。でも僕はクリノガウディーに魅力を感じます。

網 潜在能力はあると思うけど、近2走は16着、14着と負けすぎやからね。3歳馬だしこれからじゃない?

マイク そんなことはないです。夏競馬では3歳馬の台頭が目立ってます。追い切りも森裕騎手を背に坂路で4ハロン54秒8-11秒5。手応え抜群でしまいも3歳馬らしく若さあふれるパワフルな動きでした。

網 確かにな。新馬戦以来の騎乗の森裕騎手も気合入っているやろうね。

マイク そうなんです。「思い入れのある馬。この馬で重賞に行けたらと手ごたえを感じた馬でした」と今回にかける思いも伝わってきました。こちらもG1・2着の実績はプリモと同じ。「うまく脚をためれれば爆発力はあると思います」と潜在能力はあるので復活してもおかしくないです。

網 自信あるようやな。

マイク 3歳馬VS古馬ですね。網先輩は馬なら9歳ぐらいですか。僕の2倍の年齢ですし。この勝負勝ちますよ!

網 最後は経験がものをいうよ。

◆中京記念 牝馬と3歳馬 牝馬は過去5年で11頭が出走し【0 1 0 10】と苦戦。15年アルマディヴァンの2着が最高。3歳馬も過去5年【0 0 0 3】で昨年フロンティアの4着が最高。

  1. コンピ予想バトル開催! 参加者募集中!
  2. ニッカンAI予想アプリ