桜花賞馬グランアレグリアの全弟ブルトガング(牡2、手塚、父ディープインパクト)が死んだことが9日、分かった。

所有するサンデーサラブレッドクラブのHPによると、滞在先のノーザンファーム天栄(福島)で7日の昼すぎから立ち上がれなくなり、横になったままの状態が続き、この日安楽死となった。

牧場の獣医師によると、頸椎狭窄による腰萎(ようい)である可能性が高いという。同馬はルメール騎手が騎乗した6月22日の新馬戦でノーステッキで4馬身差の快勝。来年のクラシック戦線での活躍が期待されていた。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ