4日の大井4Rで落馬負傷し、意識不明で救急搬送された柏木健宏騎手(38=大井)が目を覚ましたことが明らかになった。

大井競馬によると13日に目を覚まし、骨折箇所(左くるぶし、肋骨、鎖骨)の手術、右大腿部の脱臼の処置は完了したが、安静のため、現在もICUで治療中だという。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ