仏オークス(正式名ディアヌ賞、G1、芝2100メートル、16日=シャンティイ)の枠順が13日、確定した。

武豊騎手(50)が騎乗するアマレナ(牝3、小林智、父ソルジャーホロウ)は16頭立ての15番枠からスタートする。C・ルメール騎手(40)のカルティエム(牝3、J・ルジェ、父ケープクロス)は2番枠、社台ファームの吉田照哉代表が所有するコム(牝3、J・ルジェ、父ルアーヴル)は5番枠。デビューから3戦無敗でG1サンタラリ賞を制したシヤラフィナ(牝3、A・ロワイエデュプレ、父ピヴォタル)はC・スミヨン騎手とのコンビで大外16番枠に入った。

英国のブックメーカー大手、コーラル社の単勝前売りオッズではシヤラフィナが2・5倍で1番人気。コムが同6・0倍で続いている。武豊騎手のアマレナはラドブロークス社が単勝15倍で6番人気、コーラル社が同17倍で6番人気タイ、ウィリアムヒル社が同21倍で8番人気となっている。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ