<皐月賞>◇14日=中山◇G1◇芝2000メートル◇3歳◇出走18頭◇5着までにダービー優先出走権

平成最後のクラシックは断然1番人気のサートゥルナーリア(牡、角居)が激戦を制した。4戦4勝で1冠目をものにした。年明け初戦での勝利は史上初で中106日の最長間隔勝利記録。無敗Vは05年ディープインパクト以来14年ぶり。凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月6日=仏パリロンシャン)への登録も決まった。

馬主である(有)キャロットファームの秋田博章社長はサートゥルナーリアの凱旋門賞登録を決定した。同社長は「ダービーでどれだけのパフォーマンスをするかですが、選択肢を広げるためにも登録します。きょうだいには強い馬もいたけど、この馬はもうひと回りスケールの大きい馬なのかも」とエピファネイア、リオンディーズのG1馬2頭以上の素質を認めた。母シーザリオは3歳時に日米オークス優勝。ダービーの結果次第では、他の海外G1参戦も視野に入ってくる。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ