IFHA(国際競馬統括機関連盟)のロンジンワールドベストレースホースランキングが15日、発表された。

今年1月1日から3月10日までに施行された主要レースが対象。首位は125ポンドを獲得したウィンクス(オーストラリア)、ビューティージェネレーション(香港)、シティオブライト(米国)の3頭が並んだ。日本馬はダノンプレミアム(牡4、中内田)、ステルヴィオ(牡4、木村)が118ポンドで14位タイとなっている。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ