<ヴィクトリアマイル:追い切り>

 G1・2勝馬ソウルスターリング(牝4、藤沢和)は美浦ウッドで単走追いを行った。鞍上には主戦のルメール騎手。馬なり調整を課されたが、序盤は頭が高く、前進気勢の強すぎるところも見受けられた。直線では追われることなく、静かに入線した。

 ルメール騎手は「馬は元気。軽い追い切りがしたかったけど、行きたがった。あまりリラックスしてなかったから大変だった。(東京マイルの)距離はいいと思う。リラックスするために、速いペースになってほしい」と展望を語った。スローで流れた前走の阪神牝馬S10着では折り合いを欠いた。今回も穏やかに道中を運べるかどうかが鍵となりそう。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ