<桜花賞:1週前追い切り>

 アーモンドアイ(国枝)は深いモヤの中、ウッドコースで皐月賞に出走するオウケンムーン(3歳オープン)、ダノングレース(3歳500万)を1秒ほど追いかけて最先着。

 国枝師は「追うたびに良くなっているね。体はキ甲が抜けて体高が伸びた。馬体重は変わらないが成長している。来週、ルメール騎手で最終追い切りをする」と話した。ここまで3戦2勝。前走のシンザン記念では、後方一気の末脚で牡馬を蹴散らした。「古い言い方をすればカミソリの切れかな。ラッキーライラックとどこまでやれるか」と、対戦を楽しみにしていた。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】